デメリット・トラブル ETCカード

ETCカードの使い方とETCカードがもたらした影響

ETCカードのデメリット。ETCが渋滞をもたらす?トラブルシューティング こんなときどうする?

デメリット・トラブル ETCカード

記事

地球環境にまで配慮されているETC。

デメリットなんて、ないと思うかもしれないが、いいことばかりともかぎらない。

ETC利用者は、割引の時間帯をよく把握している。

そのため、割引開始が始まるまで料金所の近くでハザードランプをつけて、停止して待つ。

となると、メリットだったはずの割引が、割引渋滞を生み出してしまう。

ETC利用者が多いのにも限らず、ETC専用のレーンの方が一般レーンに比べて少なく、ETC専用レーンに渋滞が発生するなど。

まあ、デメリットよりも完全にメリットの方が高い。

ETCカードの挿入を忘れて、ETCに入ってしまうと、開くと思ったバーが開かずに、後続車が追突する事故、開かないバーに驚いて建物に追突など、ETCゲートでの事故は非常に危険だ。

もしETCカードを忘れて進入してしまったら、後続車がいるのであれば、バーにぶつかることを前提としてゲートを通過、安全な場所まで移動して、自動車を止め、料金所の係員の指示に従おう。

後続車がいなければ、ハザードランプをつけてその場で停止。

インターホンで連絡をするか、係員を待って適切な処置をしてもらおう。

もしも安全な場所が見つからなければ、そのまま通過。

パーキングにとめて電話で、道路会社に連絡。

あとから、高速道路会社に未納金を支払えばいい。

事前知識は事故を防ぎ、人を助けるね。

動画&ランキング

copyright 2012 ETCカードの使い方とETCカードがもたらした影響 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。